« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

新しいサスペンション

『HE゙AT SPRINT』のサスペンションを新しい製品に変えました。
今度の製品は“BuddyClub/バーディークラブ”の車高調整式サスペンション「K-car SPEC DAMPER」で、オンロードスーパースポーツのオートバイでは定番となっている倒立(ラム)式ダンパーのタイプです。

うちで販売している車高調整式サスペンションのラインナップ強化のために、私のクルマ(=私の感覚)でこの製品を試そうと思っているのですが、走りの前に気になったのがやはり車高調整の巾ですね。
アクレ製「アクティブサスペンション」もそれほど調整の巾があるタイプではなく、ましてや運動性とスタイルを優先するためにローダウンすることを前提に作られていますが、バーディークラブ製「K-car SPEC DAMPER」はもっとタイトです。

どちらの製品も明確に車検対応品として売られているわけではなく、やはり運動性とスタイルを優先するためにローダウンすることを前提にしていますから、ある程度の最低地上高を確保するためには少し苦労がありそうですね。(笑)
また車高を下げるにあたってはフロント側のスプリングが長すぎるので、ベタベタに車高をさげたいのであれば短いスプリングに組みなおす必要があるのも気がかりな点の1つです。

Today この画像は『HE゙AT SPRINT』のフロント側ですが、車高を下げるためにアウターブラケット用のロックナットを取り外して、スプリングロアシートおよびそのロックナットで固定させています。
もう少し下げたいのであれば、スプリングロアシートのロックナットを取り外すこともできますが、ストリート仕様のスポーツカーとしては今回はこのレベルにしました。

アクレ製「アクティブサスペンション」ではブレーキホース固定用のステーがありましたが、バーディークラブ製「K-car SPEC DAMPER」では一般的な車高調整式サスペンション同様に何もありませんので、近いうちに「ブレーキホースバンド」でブレーキホースを固定するつもりです。
最近の車検ではタイラップ等によるブレーキホースの固定は保安基準外とみなされるようですから、こうしたパーツが役に立ってくれています。(笑)

うちで販売する「アクティブサスペンション」および「K-car SPEC DAMPER」については、リヤ側の車高を確保するための「専用ストラットスペーサー/6mm」を付属するとともに、「K-car SPEC DAMPER」には「ブレーキホースバンド」もセットにしています。
これらのアプローチは、いろいろなお客さまのニーズに対応するとともに、ストリートを楽しめるスポーツカーとして乗っていただきたいと考えているからですが、喜んでいただけることを願っております。

まだ『HE゙AT SPRINT』に取り付けたばかりで実際に走って確認しているわけではありませんが、この「K-car SPEC DAMPER」を“より走りを重視したサスペンション”として位置づけて、私なりに良い状態で使っていきたいと考えています。
また、「アクティブサスペンション」も気に入っている製品ですから、こちらは“乗り心地と走りを両立させたサスペンション”と位置づけて扱っていきたいですね。

とはいえ今まで使っていた「アクティブサスペンション」では、もう少しバネレートを上げた方が面白いのでは?!・・・と考えていましたので、今回は既にレートアップを前提に進めています。
予定としては、フロントに5Kまたは6Kのスプリングを使用し、リヤ側に7Kのスプリングを使用したいと考えていますが、実際に走ってみるのが楽しみです♪

| | コメント (16)

ホンダ CB-1

「ホンダ CB-1」とは1989年~1992年に販売されていた400ccのオートバイで、私の大好きなオートバイの中の1台です。
しかしながら、たった3年で姿を消していったのは、とても残念なことですね。

「ホンダ CB-1」は“水冷4ストロークDOHC4気筒エンジン”を積むスポーツバイクで、フロントカウル等を持たないネイキッドタイプの斬新なオートバイとして誕生しています。
当時はレーサーレプリカというスタイルが全盛でしたが、ただ単にカウルを外しただけのネイキッドモデルではなく、あえてホンダ流のネイキッドスタイルを打ち出したオートバイであり、ある意味では「CB400F」の再来とも考えられますね。

そのエンジンは「ホンダ CB400RR」譲りの高性能ユニットで、わずかにデチューンしてあるものの57ps/11500rpmを発生し、レッドゾーンは13500rpmといいますからクルマに乗っている者にとっては驚きです。さらに驚くのはバルブの制御をギヤ駆動(カムギヤトレーン)としている点で、このためにキィーンという独特の高音を発生するんだとか・・・。
デチューンしてあるとはスポーツ指向の強いエンジンだったためにレスポンスも鋭く、他のネイキッドモデルと比べると乗り易いとはいえなかったようですね。

「ホンダ CB-1」は毎年マイナーチェンジを施されて、わずかながらに進化しているようにも見えますが、走りを楽しむのであれば90年モデルが最も適していると思われます。
89年モデルと90年モデルの大きな差はサスペンションのチューニング等が主になり改良されたといっても良いと思いますが、91年モデルではなんともいえませんねぇ。エンジンの仕様変更+ギヤ比変更やステアリング位置が上がるなど、あくまでもスポーツ指向であった「ホンダ CB-1」の特徴を削ぐことになったような気がします。

Today 外観からして個性的なスタイルの「ホンダ CB-1」だったのですが、最も特徴的なのが極太パイプを使ったダイヤモンド型フレームです。高張力鋼管製フレームのメインパイプは“マッスルチューブ”と呼ばれ、なんと42.7mm径を使用していたのですから驚くほどに太いんです。
このフレームは見た目よりもしなやかに作ってあるそうで、縦方向はガッチリと応力を受け止めるものの、適度なしなやかさを与えられることで誰にでも安心して乗れるような設計になっているあたりは、良しも悪しくもホンダのオートバイだと感じますね。
このあたりは、私としてはクルマを作っているホンダとの温度差を感じるところです。

当時のオートバイ雑誌には絶賛されるコメントがあったように、スーパースポーツとしての走りの性能を持っているとともに、ストリート仕様のお手本ともいえる扱いやすさを併せ持ったオートバイといえるのが「ホンダ CB-1」 といえます。
しかしながら、タンク容量が極めて少なく長距離のツーリングをしようと思うと100~120kmごとに給油しなくてはならないことから、安心してツーリングにも出かけられなかったようです。
走りを楽しむにおいても街乗りを考慮したポジションはバンク角が浅く、いとも簡単にステップを擦ってしまうということで何らかの対策が必要だったようですね。

この「ホンダ CB-1」はたった3年で姿を消したことからもわかるように、決して名車と呼べるような存在にはならず、知る人ぞ知るという“熱いモデル”だと私は思います。
後継モデルはベストセラーとなった「ホンダ CB400SF」になりますが、その後のネイキッドモデルの主流が2本タイプのリヤサスペンションとしていることからも、走りよりもスタイルや使い勝手などを優先しているようにも思えますね。

1991年~1995年に販売されていた「ホンダ ビート」に乗っている私としては、同年代に販売されていた「ホンダ CB-1」には妙な思い入れとともに相通じるものを感じます。
ちなみにうちの製品の“マッスルフレーム”という名前は、雑誌に掲載してあった「ホンダ CB-1」の広告を目にしていたからこそ思いついた名前で、私にとっては余計に思い入れの強いオートバイなんですよ♪

| | コメント (2)

三菱 コンセプト-RA

現在行なわれている『デトロイトモータショー(北米国際自動車ショー)』にて、北米三菱自動車が出品しているカッコいいスポーツクーペを見つけました。
それが「MITSUBISHI Concept-RA」と呼ばれるクルマです。

最新のテクノロジーはもちろんのことですが、エンジンには新開発クリーンディーゼルエンジンを搭載しているということですから、次世代のスポーツカーはこんな感じになるんでしょうか?!
とはいうもの、私にとってはデザインやスタイリング以外には興味がありませんね。

Today 三菱らしいフロントマスクもカッコいいなぁと思うのですが、ボンネットをつや消し黒色にしてあったり、フェンダーの膨らませ方やオーバーハングを切り詰めたスポーツカーらしさには、憧れます。
最近のチューニングカーとしては当たり前になってしまったガルウイングドアも大径ホイールにも私には興味が無いところで、このクルマがホイールベース=2300mm前後の小型スポーツカーだったならばワクワクしちゃいます・・・が、そんなことはありえませんよね。(笑)

私としては愛車のビートがとても気に入っていますから、こんな風にカスタマイズすることを妄想してしまいます。
精悍なフロントマスクはヘッドライトがクルマの上面側に取り付けられていない(「マッハ号」もそうでした)のが新鮮に感じますが、シャープな顔立ちになっていて素敵です。
大きく膨らませた前後フェンダーも真似をしたいところで、個人的な意見としては「ランチア ストラトス」みたいに思えますが、トレッド拡大とともにやってみたいですね。

とはいえ、これはあまでも夢の話であり、こんな大幅なカスタマイズは実現できそうにありません。(手間もお金もかかりますから・・・)
なんだかんだと言いながらも、現在乗っているビートの個性的なカスタマイズも、軽自動車の寸足らずのサイズや黄色ナンバー(税金制度など)も気に入っていますから。(笑)

私は猫が大好きで4匹の猫と一緒に暮らしていますが、猫だって“ちょっと不細工”な方が可愛く感じていますから、愛車も“今のまま”の方が良いのかも知れませんね♪

| | コメント (0)

SPEED RACER

「マトリックス」シリーズを手がけたアンディ・ウォシャウスキー&ラリー・ウォシャウスキーの“ウォシャウスキー兄弟”が放った新作が、なんと日本のアニメ名作「マッハGOGOGO」を映画化した「SPEED RACER/スピード・レーサー」です。
なんでも、ウォシャウスキー兄弟は念願の作品を映像化できることに大喜びだったそうで、時折「マッハGOGOGO」のテーマソングを口ずさみながら、寝食も忘れるくらい熱中していたそうです。

本作はカー・レース映画なんですが、そのコースはジェットコースターのレールのように立体的なので、私たちの知っている「マッハGOGOGO」とは少し違うような気がします。
「マトリックス」同様に巧みなCGアクションが見もので、出演者はちゃんといるんですが、そのアクションのほとんどがCGで表現されているらしいですよ。今回の作品においては、お馴染みの「マッハGOGOGO」の実写化とともにリアルな映像?!でも楽しめそうです。
※予告編はこちらから見られます。

Today この画像は、現在開催されている『東京オートサロン』に出品中の「マッハ号」の実車ですが、できれば間近で見てみたいですよね。
このクルマは『横浜タイヤ』のブースで見られるそうで、「マッハ号」のタイヤには「ADVAN A050」を履いているのでこちらに飾られているんだとか。ちなみに、このクルマは“実物大のモデル”と書いてありましたが・・・。

「マッハ号」といえばフロントエンジン・リヤドライブのFRスポーツカー(公道も走れるのでレースカーというよりもスポーツカー?!)ですが、このクルマはアメリカで実車が売られているらしいんですよ。
正しい名前は「Mach 5」で「シボレー コルベット」をベースとして作られており、エンジンはV型8気筒5727cc(385PS~)でミッションにはMT6速またはATを選択可能というらしいのですが、街で見たら本当に驚くことでしょうねぇ。(笑)

アニメの中では水陸両用のボンドカーのようなクルマでしたが、さすがに画像のようなすたいるであれば「HE゙AT SPRINT」と同じ“屋根なしスポーツカー”でしょうから、私としては好感を持ってしまいますねぇ♪

| | コメント (5)

ホンダ CB400F?!

この画像は昨年末に行なわれた『東京モーターショー』に参考出品されていたオートバイだと思いますが、かつての「CB400F」を思い出させるものがありますよね。
なかなかカッコいいと思えるのですが、いかがでしょうか?!

オーソドックスでシンプルなルックスに“空冷4気筒エンジン+4in1集合マフラー”が輝いていて、「CB400F」の再来か?!と思わせるような感じがしますが、よ~く見ればマフラーのイメージだけがそれっぽく作られているだけ・・・のようにも見えます。(笑)
このオートバイは1100ccの超大型オートバイで、かつての「CB400F」や「CB750F-Ⅱ」のイメージを継承しているようですが、やはりお洒落な感じがしますね。

せっかくここまで作り上げるならば、もっとこだわって作って欲しかったような気もしますが、現代風に仕立てるとこうなるのでしょう。
私としては、あの頃のセンセーショナルだった“カフェレーサーっぽさ”を感じさせるようなデザインが欲しかった気がしますが、今は流行らないのでしょうね。(汗)
Today

かつての「CB400F」は私の大好きなオートバイの1台ではありますが、今さら乗りたいとは思いません。憧れや懐かしさからもう一度乗ってみたいという気持ちはありますが、走りを楽しもうとするならば30年も前のオートバイでは物足りなさを感じてしまうことと思いますからねぇ。
ワガママを言うならば、あの頃のスタイルやイメージをもっと色濃く出して、現代の走りの性能を与えられたモデルだったならば・・・なんて思います。

とはいうものの、そんなオートバイが発売されたとしても、手に入れてしまったならば自分なりにカスタマイズしてしまうことになり、結局は自分のこだわりや思い入れを注ぎ込んで違うオートバイに進化させてしまうのでしょう。(笑)
私としては現代の走行性能を得て、レプリカタイプのオートバイとも渡り合えるような“真のカフェレーサー”を作ってみたいと思いますが、それは私の愛車『HE゙AT SPRINT』にも活かされているのではないか(速いクルマとは言えませんが・・・)と思いますね。

私の好みとしては“公道をちゃんと走れるようにチューニングし直したレースカー”なんですが、レースに勝つために作られたエンジンパワーにはあまり関心がありませんから、オートバイにおいてもスポーツカーにおいても、エンジンはあくまでも“そこそこのレベル”で構いません。
抜群に高い運動性能とコントロール性を備えたクルマ(オートバイ)であれば、パワーがそれほど出ていなくても十分に走りを楽しめると思いますし、非力なパワーの方が扱いやすくて存分に楽しめるような気がしますからねぇ。

そういう意味からすると、このオートバイも乗ればすごく楽しそうな気がしますが、せっかく「CB400F」のようなイメージに仕上げるのであれば、もっとスパイスを効かせたスタイリッシュなデザインが欲しかったかな?!・・・と思います。
そういうことを言いながらも結構心惹かれている(笑)のですが、タンクについているエンブレムは私としてはいただけませんね♪

| | コメント (2)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

Today

去年と同じように『HE゙AT SPRINT』はリジットラックに載ったままですが、
今年はちゃんと車検が取れていますから、
メンテナンスをさっさと終えて走り出したいものです。

今年は、去年の分まで思い切り走り楽しもうと思っていま~す♪

| | コメント (4)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »