« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

45Φステンレスマフラー

ただ今『HE゙AT SPRINT』用の新しいマフラーを作っています。
今回は完全なワンオフ品として作っているわけではなく、ビート乗り仲間の方から譲っていただいたマフラーをベースとして“リメイク”して作っているんですよ。

元はといえば、私のビートと私の乗り方ならばΦ45mmパイプでマフラーを作った方が良いのではないか?!とずっと考えていて、今回それを試してみたというわけです。
今まで使っていたマフラーはΦ50mmパイプで作ってあり、十分に満足できるレベルの製品であり決して不満があるわけではなかったのですが、このマフラーを作ろうと考えた時から使用するパイプ径を45mmにしようか50mmにしようか悩んだ末に50mmになったわけで、やはり45mmを試してみたくなりました。

ベースとなったマフラーはΦ45mmパイプで作られたいて、マフラー屋さんにセミオーダー(部分的な仕様変更)をお願いして作ったという製品です。
当初はテール部分だけを作り直せば良いと考えていたのですが、ついつい色気(=欲)を出してしまって他の部分も一部手を入れて、画像のようにナンバープレートがあってもサイレンサーの輝きが見えるようにしています。

Today この画像は製作途中のものですが、今まで使っていたマフラーよりも大幅に管長が短くなっています。
これはパイプ径が細くなっていることから、ある程度管長が短くなっても扱いやすさ(低速からのトルク感など)には問題ないと考えていますし、今回は右出しテールにしたかったのでベースとして譲っていただいたマフラーは好都合だったんですよ。

このマフラーは「ステンマジック」で磨いてありますので、パッと見には新品のように見えるかもしれませんが、既に10万kmを走っているということですから、大きなサイレンサーを取り付けてあるとはいえ、ちょっとだけ消音性能が気になるところです。
ちなみにテール部分だけはΦ50mmパイプを取り付けていますが、出口部分はΦ45mmだと細すぎるかな?!と思っていたので、この部分だけ太くしてあります。

既にマフラーのサイズ合わせ+仮溶接を終えて、昨晩のうちに溶接工場に本溶接をお願いしに行ってきましたので、近日中には出来上がる予定です。
あとは、今まで使っていたマフラーを使っていただける方が決まってくれれば嬉しいですね♪

| | コメント (0)

マイナーチェンジ?!

既に気がついた方がおられるかも知れませんが、『HE゙AT SPRINT』のバックミラーを“メッキタイプ”に変更しています。
バックミラーを変えたからといって大してイメージが変わるとは思えませんが、なんとなく変えてみたくなりました。(笑)

以前も今回もオートバイ用のバックミラーを取り付けていますが、今回手に入れたものはオークションで手に入れた超低価格モノ(1set=2,500円/送料別)だけあって、鏡面まわりの仕上がりがちょっと悪いのが残念なところです。
とはいっても視認性には影響がありませんので使用には何の問題もありませんし、パッと見には誰もそれに気付かないかも知れませんが・・・。

Today メッキ仕上げのバックミラーなんて・・・と思われる方もおられることと思いますが、ロールバーがステンレス製でそれなりに輝いていますから、フロントまわりにも“ひかりもの”を取り付けたらお洒落かな?!と考えてみました。
スタイルを優先すると丸型のミラーが好ましいのですが、デザインや価格のとバランスを考えて角型のミラーにしています。以前に使っていたミラーよりも少し横長タイプに変わっていますので、少しだけ視認性がよくなっているかも知れませんね。

本当はホンダつながりということで“ホンダ/オートバイの純正部品のバックミラー”が欲しかったのですが、価格が1本=6,000円(大型車に使われている製品)もするらしいということを知って安価な社外品にしたというわけです。
もし、どなたかで、メーカーを問わず大型オートバイの純正バックミラーを持っていて使わないということであれば、ぜひともリーズナブルな価格にて譲っていただけると嬉しいです。その際は、ご連絡をいただければと思います。

レーシングカーにメッキ仕上げのバックミラーを取りつけることは滅多にないと思いますから、こういうカスタマイズはスポーツカーならではの楽しみ方だと思っています♪

| | コメント (0)

続・新しいサスペンション

まだまだメンテナンスを終えていない『HE゙AT SPRINT』ですが、久しぶりにリジットラックからクルマを降ろして車高を調整してみました。
これでサスペンションの取付けおよび車高調整がいちおう終わったことになりますが、あとは走り出してからの減衰力の調整等ですね。もともと、それほどセッティングにこだわっているわけではありませんので、私の好みや走り方に合うように調整すれば出来上がりです。

車高の調整位置(高さ)については街乗りを考慮して少し高めにセットしていますが、昨年末に「ACREサスペンション(仕様変更版)」を取り付けていたときよりも、10mmほど車高を上げてあります。
現時点でのフェンダーとタイヤの間には30~35mmのクリアランスがあり、ビートとしてはあまり車高が下がっていないというレベルになっていますが、何のアシストもせずにガレージジャッキが使える(=ボディの下に入る)のはありがたいですよ。(笑)

私としてはローダウンしたスタイルが大好きで、本当はフェンダーとタイヤの間には10~20mmのクリアランス程度が好ましいのですが、最低地上高やフロントバンパー下部の突き出しを考えると“この程度”が無難なところなのかもしれません。
ちなみに最低地上高は保安基準の90mmを確保できているようですが、もう少しだけ車高を下げてみたい気もします。

Today 取り付けているサスペンションは「BUDDYサスペンション」で、正しく言うとバーディークラブ製「K-car SPEC DAMPER」という製品です。
ストリート仕様のダンパーということを考慮して、バネレートを前後ごとも1Kづつ上げて“フロント:6K+リヤ:7K”としていますが、そのスプリングの仕様も“ID62→ID60”へと変更させています。これはスプリングアッパーシートに合わせた選択で、私なりのこだわりの結果なんですが、一般的にはID63のスプリングを使用しても何の問題もないと思いますね。

前に使っていた「ACREサスペンション」から比べるとスプリングの外径が少しだけ細くなっています(スプリングID:65mm→60mm)ので、これにともなって今までフロント側に使っていたホイールスペーサー(3mm)を取り外すことにしました。
私が現在使っているホイールは“6-14/オフセット38”というサイズで、ビートにとっては悪くないサイズだと思っていますが、欲を言えばオフセット35のホイールが好ましいところです。しかしながら、ホイールのデザインやサイズ、さらに価格などを考えると、なかなか好みに合ったものは見当たらないのが現実ですね。

これでやっと“足まわり”が落ち着きましたから、あとは1日も早くメンテナンスを終えて、走りを楽しめるようにしなくては・・・と思っています。
残っているのは面倒くさいと思っているエンジンの方だけですが、しばらくは寒い日が続きそうという天気予報を聞いてしまうと、ちょっと気力が衰えてしまうんですよね。(汗)

とはいえ、こういう冷えた空気の中を走る気持ち良さも味わいたいですし、いろいろと試してみたいことも多々ありますし、サーキットでのトレーニングももっと積んでいきたいと思っていますから、奮起して頑張りま~す♪

| | コメント (3)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »