« 2008年7月 | トップページ | 2010年12月 »

エンスーCAR本「STRUT」

今月の中旬の話になりますが突然にこの雑誌が届いてちょっと驚いたのですが、「エンスーCARガイド」さんから11月20日に発売された新刊なんだそうです。

中身の方はまだザザッと見たに過ぎませんが、中身はともかく小型ながら立派な本の作りで高価そうですねぇ。
税抜き定価が1,900円ですから安くはない買い物になるかなとも思いますが、コレクターには嬉しいところでしょうか?!(笑)

この雑誌と一緒に“ブログ等にて書評を賜りたく、ここに見本誌送付とともにお願いする次第です・・・”と同封の書面に書いてありましたので、この場にて紹介させていただくことにしました。
私の個人的な印象としては、なんとなく“エンスー”という言葉からかけ離れているような気がしますが、そのあたりは読まれる方の受け取り方の問題なんでしょう。

まだAZ-1・ビート・カプチーノに乗り始めたばかりの方たちがこれらのクルマに関してのいろんな情報を知りたいと思って読むようなものではないかと思っていますが、そういう方には喜ばれる本になるかもしれませんね。
わかりやすく書かれている点については、とても良いと思います。Today

ビート乗りの私としては、『モーターファン イラストレーテッド/ジャパーニーズ・ヒストリックのテクノロジー』で紹介されている記事も読んで欲しいと思います。

この記事がすべてという気はさらさらありませんが、ビートというクルマの素性を知ることで“チューニングやカスタマイズを施してスポーツカーとして乗るということはメーカーが作ってくれたクルマとは別のクルマに乗るということ”になることも理解していただけるのではないかと思います。

私は現在『モーターファン イラストレーテッド』という雑誌の魅力に取り付かれしまったので、興味のある記事が掲載されているバックナンバーをどんどん読んでいきたいと思っていますが、美しい画像やイラストとともにテクノロジーをわかりやすく解説してあることは本当に魅力的だと感じているんですよ♪

|

« 2008年7月 | トップページ | 2010年12月 »